引用文献チェックサービス

引用文献チェックサービス

学会誌などに掲載されている学術論文は現在、国内/国外問わず、さまざまな電子ジャーナルに掲載されております。
レタープレスの「引用文献チェックサービス」では、電子ジャーナルに記載されている引用文献の「表記を自動的に統一すること」や「誤記載の自動修正のご提案」を行っています。また、引用元の文献を掲載している電子ジャーナルを検索し、文献にリンクする情報を提供するサービス(DOI付与)も行っております。

※レタープレス株式会社から提供する「引用文献チェックサービス」は、欧文の引用文献のみを対象としたサービスとなります。

 

引用文献の表記統一/修正提案サービス

inyo check

投稿原稿の引用文献表記について、下記のようなことはございませんでしょうか?

・ページ数が違っていたり
・巻号が違っていたり
・ジャーナル名の略称が誤っていたり …など

レタープレスではCrossRefに蓄積されている引用文献のデータベースと、原稿等に記載されている引用文献の内容を比較し、誤りがあった場合は正しい内容へ修正のご提案をいたします。

また、もしページ数や巻号表記が、投稿規定に沿っていない場合には、正しい表記を補完した具体的な修正の提案をいたします。弊社ではこのような修正作業などの提案を含めた、校正事務作業も代行することもいたします。

 

引用文献リンク付与サービス

レタープレスの引用文献チェックサービスでは、CrossRefのデータベースと比較して、その文献が正しい場合(もしくは誤っていても正しいと思われる引用文献がデータベース上に存在している場合)は、DOIを元に引用文献元の論文へ直接リンクできるURLを提供することが可能です。

また、このような情報を付与することも含めて、編集事務局が行っている校正事務作業を一括で承ることも可能です。

引用文献チェックシート
※上記は引用文献の自動チェック結果およびDOIをExcelに出力した画面キャプチャです

引用文献確認チェック業務代行

journal_check編集事務局にて引献文献の表記が投稿規定と合致していないためにあらかじめ修正をする作業や、引用文献の表記そのもの、例えばページ数が誤って記載しているか?などのチェックを行っていないでしょうか。

このような作業をすべて編集事務局で手作業で行うと、とても時間がかかる業務です。

レタープレスの「引用文献チェックサービス」では、いままで編集事務局で時間と手間が掛かっていた作業を自動化することで編集品質を高めながら、素早く作業を行ってまいります。

※データベースと比較するため、すべての引用文献を自動でチェックすることはできません。
※引用文献の内容は論文に限定されます。引用文献の内容が本や会議などの場合は自動チェックすることはできません。

学会のパートナー|ご相談ください

レタープレス株式会社は125年以上に亘り、「学会のパートナー」として、学術誌・学会誌・論文誌に関する、さまざまな業務を日本の学協会様より受託してまいりました。
レタープレス株式会社では、お客様が抱えている問題や課題について最良のご提案をいたします。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。