学協会様の悩み:原稿の依頼準備や入稿管理が大変、発刊が遅れそうになることも

原稿依頼隔月で学会誌を発行している学協会様より「1号の半分程度が特集などの依頼記事になっており、その依頼作業に毎号追われている。また依頼原稿の入稿が遅れたり、入稿後も内容チェックや著者校正などの事務作業が多くあったりと、その工程でも時間が掛かっている。」とご相談いただきました。

 

学会誌発行までの事例紹介1

学会誌 チェック弊社はまず、事務局様にて行っている原稿依頼の業務の詳細を伺い、年間スケジュールを作成いたしました。また、1号の依頼〜発刊の作業内容をフロー図に落とし込みました。その後事務局様と協力して、フロー図の各工程で「テンプレート化出来るところ」と「テンプレート化出来ないところ」を仕分けいたしました。

その業務仕分けを行ったうえで、テンプレートを準備し、弊社に委託可能な部分から業務委託を進めてまいりました。更に、事務局様と弊社双方が送受信可能な編集用メールアドレスを共有いたしました。もし、執筆者様が事務局様の方にお問い合わせをしても、状況がわかっている弊社から回答できるようになりました。
最終的に、すべての原稿依頼の工程を弊社で引継ぎ、入稿前の原稿確認・著者校正も行っております。その結果、事務局様側の事務業務を大幅に削減することができました。
solution
 

学会誌 発行ソリューションのポイント

この『学術誌 発行ソリューション』のポイントとは

依頼原稿は、執筆者に多くの時間を割いて記事を出稿していただく場合もございます。
弊社では、あらかじめ学協会様と相談のうえ、なるべく依頼原稿執筆者のご負担が少なくなるような形でご依頼させていただいております。

  • 年間スケジュール・各種テンプレートを作成し、業務委託後の混乱を減らす
  • 編集用メールアドレスを事務局様と共有し、執筆者からの問い合わせにも即座に対応
  • 入稿時の原稿確認、著者校正を委託し、事務局様は最終確認に集中

その他のご相談事例はこちら

 

学会誌発行サポート/学会事務業務などはお任せください

レタープレス株式会社は創業から120年以上、学術誌・学会誌発行などのサポート業務を日本の学協会や大学などから受託して参りました。

お問い合わせいただきました内容については、レタープレスにて培ったノウハウから最良のご提案をいたします。