"人"にも"コンピュータ"にも
「使いやすく、読みやすい」

これは、私たちが「学術誌・学会誌」のサービスを提供する際、一番大切にしていることです。

学術論文はそもそも、構造的な文章で書かれており、タイトル、著者名、キーワード、要旨、本文、引用文献などの要素があります。私たちは今まで印刷会社としての経験から、学術誌・学会誌を、どのようにすれば『"人"が読みやすくなるのか』を考えながら、サービスを提供しておりました。ただ、現在では「学術論文」を読んだり、使ったりするするのは "人"だけでなく、Googleをはじめとする検索エンジなど、"コンピュータ"や"機械"にも読まれることが多くなってまいりました。

そのため、私たちは「学術論文」を制作する際、印刷物、PDF、XMLなどいずれの形式でも、”人”が「使いやすく、読みやすい」だけでなく、コンピュータ”や"機械"にも「使われやすく、読まれやすい」ように、構造化した要素を保持した状態ですべてのデータを制作しております。

"人"にも"コンピュータ"にも
読みやすいPDF

検索エンジンに読まれてやすい書誌情報を格納したり、"人"に使いやすく引用文献に記事元へのリンクを埋め込んだPDFを制作しております。

"コンピュータ"に
読まれやすいXML制作

"コンピュータ"に読まれやすいためのさまざまな仕様のXMLを制作するサービスを受託しております

学会誌発行サポート/学会事務業務などはお任せください

レタープレス株式会社は創業から120年以上、学術誌・学会誌発行などのサポート業務を日本の学協会や大学などから受託して参りました。

お問い合わせいただきました内容については、レタープレスにて培ったノウハウから最良のご提案をいたします。