レタープレス株式会社の前身である「増田兄弟活版所」は1891年(明治24年)創業いたしました。当時の「増田兄弟活版所」は明治から大正にかけて広島随一、屈指の大活版印刷所として栄えており、文選工や、植字部、校正部などもあり、その高い技術で、ページ数の多い書籍や、カラーの印刷業務を承っておりました。

「増田兄弟活版所ページ」では、当時の実績や想いについて、そして長い歴史についてをご紹介しております。

 

増田兄弟活版所 実績

「デジタルアーカイブ」では「増田兄弟活版所」で文選、植字、印刷、製本まで行った約100年前の書籍を、国立国会図書館デジタルアーカイブと合わせて、ご紹介いたします。また「蔵書一覧」ではレタープレス株式会社にて保管している「増田兄弟活版所」の書籍の一覧をご覧いただけます。

増田兄弟活版所 デジタルアーカイブ

増田兄弟活版所 蔵書一覧

奮闘努力

レタープレス株式会社の前身「増田兄弟活版所」は今の広島市中区の本通りに存在しておりました。その代表だった、「増田 直吉」はどのような人柄だったのか?今も社員の行動指針 -Our Value- に想いが引き継がれる「奮闘努力」 とは?

「-原点-」では、その当時を知る社員が大正時代の「増田兄弟活版所」を語ります。また「-これから-」では、今とこれからの「奮闘努力」への想いを代表が語ります。

奮闘努力 -原点-

奮闘努力 -これから-

増田兄弟活版所の歴史

  • 1891年(明治24年)1月

    増田兄弟活版所 創設

    広島市において初めて広島市塩屋町12番地にて増田兄弟活版所(代表者:増田直吉)を創設
  • 1897年(明治30年)11月8日

    工場焼失

    火災により工場が焼失
  • 1913年(大正 2年) 1月1日

    実績

    朝鮮視察概要/広島朝鮮視察団 編 発行業務 ※判明している「増田兄弟活版所」最古の印刷実績
  • 1921年(大正10年)

    実績

    広島市史第1巻 発行業務
  • 1931年(昭和 6年) 9月17日

    事柄

    初代 増田 直吉 急逝   
  • 1932年(昭和 7年)

    移転

    広島市大手町7丁目1番に工場移転   
  • 1933年(昭和 8年)6月

    移転

    株式会社増田兄弟活版所(塩屋町12)が移転するため社屋前で記念撮影増田兄弟活版所全景  
  • 1945年(昭和20年)

    工場焼失

    戦災(原爆)により工場が焼失  
  • 1954年(昭和29年)

    設立

    大学論文印刷研究所(代表:増田訓清)を設立  
  • 1954年(昭和29年)

    設立

    株式会社増田兄弟活版所より分社、大学論文印刷研究所を設立  
  • 1956年(昭和31年)11月16日

    設立

    大学論文印刷研究所を発展的に解消、広島市十日市町2丁目3-23に大学印刷株式会社を設立  
  • 設立

    レタープレス株式会社に社名変更 社名変更後の沿革はこちらへ